Androidを搭載したLED照明型プロジェクター「Beam」の一般販売が開始

投稿日時 3月 14th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




ソフトバンクは 3 月 14 日、Android を搭載した LED 照明型プロジェクター「Beam」をクラウドファンディングサイト「+Style」で発売しました。価格は 69,999 円です。

Beam は E26 / E27 型の電球ソケットに対応したプロジェクターデバイスです。プロジェクター用の LED 光源の周りに 12 灯の照明用 LED を搭載しており、単純な LED 照明としても利用できます。

Beam は Bluetooth LE と Wi-Fi b/g/n に対応しており、AirPlay と Miracast を利用したワイヤレスミラーリングでスマートフォンやタブレット、PC の画面を投映します。

Beam は Android 4.2.2(Google Play 対応)、1.3GHz デュアルコアプロセッサ、8GB ROM などを搭載しており、単体の Android デバイスとして機能します。Beam 内蔵の Android アプリの映像も投映し、スマートフォン用のアプリから様々な操作を行います。

プロジェクターの明るさは 100 ルーメンで、投映解像度は 854 x 480 ピクセルです。本体には 2W + 2W のステレオスピーカーを搭載しています。

Source : +Style

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5