YouTube、Daydreamと連携してVR映像をよりリアルに見せるようにする方式を考案

投稿日時 3月 16th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加



YouTube は 360 度アングルの VR 映像をよりリアルに見せるために日々努力していますが、3 月 15 日のブログ記事でこれを実現sる一つの方法として、Google の Daydream VR プラットフォームと連携し、VR 映像でより没入感を感じるように見せるための新たな手法を導入したことを発表しました。

YouTube によると、VR 映像は人間の視界の 1 度あたりに 60 ピクセルの割合で表示すると現実味のある VR 体験が可能になるとのことですが、インターネットの速度や端末のパフォーマンスによってはこれを実行できない場合があります。

モバイルデバイスユーザーに VR 映像をリアルに見せるには、映像を長方形のスクリーンに投影する等角投影を使用する必要があります。この方式では画面の上部と下部にも高画質の映像が表示されることになりますが、実際のところ、人間はこの部分をほとんど見ません。

そこで、YouTube は Daydream VR に Equi-Angle Cubemap(EAC)と呼ばれる投影方式を採用し、人間がよく見る部分の中央の画質を改善しています。投映方式を人間の見方に合わせることで上述した理想と現実のギャップを埋めることができるということです。

Android ユーザーは既にこの方式で VR 映像を視聴することができ、まもなく、iOS ユーザーと YouTube を使用している全てのユーザーにも提供されます。

Source : YouTube

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5