Android Waer 2.0アップデートのバグのためにほとんどの既存モデルで配信に遅れが生じる

投稿日時 3月 31st, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Google は今月より Android Wear スマートウォッチの Android Wear 2.0 アップデートを行っていますが、既存モデルのほとんどでテストで発見されたバグにより、配信が遅れていることが分かりました。

これは、海外の WEB サイト Wareable が Google から受け取った声明文を紹介しながら伝えていることで、公式には発表されていません。

Fossil Q Founder、Casio Smart Outdoor Watch WSD-F10、Tag Heuer Connected で Android Wear 2.0 アップデートを開始しました。他のデバイスでは、最終テストで発見されたバグの修正ために、現在、アップデートが遅れています。 問題が解決され次第、他のデバイスにもアップデートを配信します。


つまり、上記の 3 機種以外ではバグ修正のために配信が遅れており、実際にはまだ配信されていないということになります。

Source : Wareable

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5