Microsoft、Android版「Remote Desktop」でキーボード入力機能を改善

投稿日時 3月 31st, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
コメントは受け付けていません。




Microsoft は 3 月 28 日、Android 用のリモートデスクトップクライアント「Microsoft Remote Desktop」をアップデートして、キーボード入力機能を改善しました。


今回のアップデートでは、リモート PC への接続時にリモートセッションの入力言語がローカル端末のキーボードと同期するようになりました。

また、英語以外の多くのキーボードにおいてショートカットサポートを改善しており、従来よりも各言語でのショートカットを用いた操作性が向上しました。

さらに、キーボード入力でスキャンコードの利用に対応し、VMware Remote Console などの一部のソフトにおいてスキャンコードによるキーボード入力が可能になりました。これはアプリの設定メニューで OFF にすることもできます。

Microsoft Remote Desktop」(Google Play)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5