HT-03AにカスタムROM「Super "D" v1.9.1」を入れてみた

投稿日時 2月 17th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » カスタムROM
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

いろいろと変更が施されたSuper “D” v1.9.1をHT-03Aに入れてみました。

[ROM]Super D 1.9.1 “Donut on Crack”

このバージョンのSuper “D”は、起動時のスプラッシュ画面を始め数多くのUIデザインが変更されています。ブラック版ではロックスクリーンもブラックカラーとなっています。

その他、ラウンチャーにはSpare Partsにアクセスできるものに入れ替わり、Spare PartsからCompcache、Swap、両方を選択することが出来るようになっています。

また、以前まではテザリングアプリ「Wireless Tether for Root Users」、「Wired Tether for Root Users」が同梱されてましたが、それらが外されています。利用するには別途インストールする必要があります。

システム情報です。



ロックスクリーンがブラックになったり、



ラウンチャーにSpare Partsが統合されたり、



プログラムメニューが4列配置に戻ったり、



ただ、Googleアカウントの同期メニューが利用できないらしく、Gmail、カレンダー、コンタクトを自動同期に設定することが出来ませんでした。なのでログイン時に初期同期は出来るもののそれ以降の同期は出来ないようです。

Gooogleへのログイン自体は初回起動時のセットアップウィザードを使ってできます。

Benchmark(Dwang v1.17.1)

  • Graphics:114(127)
  • CPU:160(163)
  • Memory:105(107)
  • Filessystem:28(32)
  • 体感値:8(10)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5