ZenWatch 2で公式アップデートよりも先にAndroid Wear 2.0が利用可能に

投稿日時 4月 16th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




2015 年に発売された ASUS の Android Wear スマートウォッチ「ZenWatch 2」に公式アップデートよりも先に Android Wear 2.0 の ROM がリリースされるというちょっとした珍事が発生しました。


一般的に、カスタム ROM は公式ファームウェアをベースに作成されるので、通常であれば OS の新バージョンが公式アップデートよりも先に提供されることはありませんが、XDA で公開された WebWear というカスタム ROM を利用すると、ZenWatch 2 上で Android Wear 2.0 を利用することができます。




ただ、WebWear は AOSP のソースコードをベースに独自にビルドした移植版なので、ASUS が Android Wear 2.0 で予定している機能は含まれていません。

ROM は 4 月 13 日付で「WebWear 7.1.2_r5-WebWear-2.0.1_01」バージョンが配布されていますが、まだアルファ版なので、バグや不具合は多いと言われています。

公開されたスクリーンショットでは Android Wear 2.0 の標準 UI を確認できるだけではなく、ZenWatch 2 はスピーカーを内蔵した機種なので、クイック設定ツール上でボリュームの調節あるいはミュートといった音の操作も可能になっています。




Source : XDA

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5