21:9シネマスコープディスプレイ「Xperia X Ultra」のコンセプト図

投稿日時 5月 2nd, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




ゴールデンウィーク中に海外のネット上で「Xperia X Ultra」なる 21:9 のシネマスコープディスプレイを搭載した Xperia の画像が出回り話題となっていましたが、この画像はそもそも Sony ファンが制作したコンセプト図なので、現時点では噂情報ですらありませんのでご注意ください。


Samsung や LG が 18.5:9 や 18:9 というこれまでよりも縦に長い画面比を今年のフラッグシップモデルで導入したので、こうした縦長ディスプレイが最近になって見直されてきています。




Galaxy S8 や LG G6 で見られる縦長ディスプレイを搭載したスマートフォンの元祖と言えるが Acer Iconia Smart です。Acer は 2011 年の段階で 21:9 というシネマスコープサイズをスマートフォンに導入していました。数年後に流行ると予見して先取りしたとは思えませんが、結果的に Iconia Smart の正当性が証明されたことになります。




今後のスマートフォンディスプレイはより縦に長い方向へ拡大していくと予想されているので Xperia X Ultra といったコンセプト図が登場したわけです。

21:9 だと Galaxy S8 や LG G6 よりもさらに縦に長くなるので、マルチウィンドウでのアプリ利用はこれらよりもし易くなる反面、画面サイズによってはステータスバーやアプリの上部に指が届かないといった弊害も生まれます。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5