Google、DIYキットのリファレンスデザインを用いて人工知能デバイスを自作できるようにする「AIY プロジェクト」をローンチ

投稿日時 5月 5th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。




Google は 5 月 4 日、様々な DIY キットのリファレンスデザインを用いて人工知能デバイスを自作できるようにする「AIY プロジェクト」をローンチしました。まずは、開発者が自分のハードウェアにボイスコマンドインタフェース(VUI)を組み込むことのできる「Voice Kit」を提供しています。

AIY プロジェクトは Google の人工知能プラットフォームにアクセスできるハードウェアのリファレンスデザインを提供するオープンソースのプロジェクトです。DIY と AI(+ Android Things も?
)をかけて AIY としたのでしょう。

Voice Kit は AIY プロジェクトからリリースされた Raspberry Pi ベースのリファレンス開発キットです。開発者は自分のアプライアンス製品や IoT 機器に VUI を組み込むと、Google Assistant SDK や Cloud Speech API を利用した音声操作をハードウェア上で直接実行してデバイスを制御することが可能になります。

Voice Kit を上手く活用すると、物理ボタンやディスプレイなどの従来のインタフェースを持たないハードウェア開発が可能になります。

Voice Kit は IoT 向けの Android Things に対応しており、Voice Kit をサポートした Android Things の Developer Preview 3.1 もリリースされています。

Voice Kit は米国の Barnes & Noble、英国の WH Smith や Tesco、Sainsburys、Asda で販売されるほか、 MagPi Magazineの全購読者に無償で提供されます。

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5