沖縄の観光スポット「琉球村」で見つけたスマホケースを紹介、オリオンビールのデザインやハブ革などあり

投稿日時 7月 9th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード:
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




沖縄の観光スポットの中で外国人観光客にも人気のある「琉球村」でスマートフォン用のグッズを発見してので紹介します。この夏の沖縄旅行で琉球村へ訪れる予定の方にとってはスマホユーザーへのお土産にちょうどよいアイテムになるかもしれません。

琉球村は、琉球時代からの沖縄の文化や習慣、自然を体験できるテーマパークです。復元した旧家の住居・建物、エイサーや三線などの舞踊や音楽、水牛の動力を利用した製糖のデモなどを実際に見ることができます。

園内にはいくつかの土産店が営業していますが、私の興味の的であるスマホグッズはほとんど見つかりませんでした。スマホグッズを諦めて出ようとしたところ、出口付近のお土産店で沖縄オリジナルのスマホケースを発見。種類は多くありませんでしたが、オリオンビール、ブルーシール、「はいさい」のフレーズを始めとした沖縄ならではのロゴをプリントしたケースが販売されていました。




また、沖縄に多く生息する「ハブ」の革を使ったケースもありました。蛇革はスマホケースだけではなく様々な革製品で目にしますが、ハブ革は非常に珍しい(おそらく、ネットでも購入できます)。




しかし、ケースは主に iPhone 6 ~ iPhone 7、iPhone 6 Plus ~ iPhone 7 Plus 用しかなく、Android ユーザーにとっては残念なラインアップです。ロゴ入り製品のベースは有名な S Line ケース で価格は 2,160 円(税込み)。また、ハブ革のケースは少し高い3,024 円(税込み)でした。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5