iPhone 8、GeekBenchでAndroidよりもはるかに高いスコアを出す

投稿日時 9月 14th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ピックアップ記事, ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




iPhone 8 / 8 plus / X の実力がベンチマークアプリ GeekBench のテスト結果で明らかになったので、Android デバイスと性能を比較してみました。

新しい iPhone には A11 Bionic と呼ばれる新 SoC が搭載されています。これは、2 つのハイパフォーマンスコアと 4 つの省電力コアで構成された 2.06GHz 駆動のヘキサコア CPU、3 コアの GPU、ニューラルエンジン、M11 コプロセッサなどで構成される SoC で、A10 Fusion と比較して、マルチスレッド処理の性能は最大 70& 向上し、グラフィックス性能は 30% 向上したと言われています。

今回の比較対象は Android の中でシングル・マルチコア共にトップスコアを出している Galaxy S8 にします。Galaxy S8 のシングルコアスコアは 1,965 点、マルチコアスコアは 6,493 点です。




上記が Android の最高スコアなのですが、iPhone 8 のシングルコアスコアは約 4,200 点、マルチコアスコアは約 10,000 点でした。

つまり、iPhone 8 は Galaxy S8 よりも約 2,1 倍 / 約 1.5 倍もの高い性能を発揮していることになります。最新の Android よりも圧倒的に高いスコアで驚きました。ただ、そもそも Android と iPhone の OS のは異なっており、GeekBench の実行環境にも差が出るので単純にスコアを比較することはできません。

Source : GeekBench

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5