Chrome OSでAndroidアプリの表示サイズを拡大して見やすくする方法

投稿日時 10月 2nd, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Chrome OS の Android 環境が Android 7.1.1 にバージョンしたことによって、Android アプリの表示サイズを拡大できるようになり、Chromebook 上での視認性を改善することができます。

Chrome OS 59 前後から Chrome OS の Android 環境は Android 7.1.1 に変わり、ウィンドウのリサイズはまだできませんが、マルチタスク処理が改善され、例えば、YouTube の動画を再生したまま別の Android アプリや Chrome などを操作できるようになっています。

Android 7.1.1 環境では、Android の「設定」が利用可能になっており、Chrome OS の設定メニューで「Google Play ストア」→「Android の設定」に進むと、Android でよく目にする「設定」アプリが起動します。




Chrome OS の Android 設定メニューは、スマートフォンやタブレットのものとは若干異なり、「ディスプレイ」セクションはありませんが、「ユーザー補助メニュー」の「表示サイズ」は生きているので、ここでサイズを拡大すると、Android アプリの表示サイズが拡大し見やすくなります。




関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5