MS EdgeブラウザのAndroid版はBlinkレンダリングエンジンを採用

投稿日時 10月 6th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




Microsoft は、昨夜発表した WEB ブラウザ「Microsoft Edge」の Android 版で Chromium プロジェクトの Blink レンダリングエンジンを採用したことを明らかにしました。


Blink は最近の Chrome ブラウザで採用されてオープンソースのレンダリングエンジンで、Edge ブラウザの Android 版にはこれをベースに独自のチューニングを施した派生版が搭載されています。

つまり、Edge ブラウザの Android 版は Opera といった他の Android 用ブラウザとベースは一緒で、Chromium より新しいバージョンがリリースされると、Edge ブラウザも同じタイミングでアップデートされることになっています。

ユーザーエージェントの例を挙げると、「Mozilla/5.0 (Linux; Android 8.0; Pixel XL Build/OPP3.170518.006) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/58.0.3029.0 Mobile Safari/537.36 EdgA/41.1.35.1」といった形になります。

Edge ブラウザの Android 版はまもなく Google Play ストアの「早期アクセス」でも配信されます。

Source : Microsoft

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5