Android 8.0 Oreoの「通知ドット」とは?

投稿日時 10月 15th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。




私たちのスマートフォンには毎日様々な通知が届き新しい情報をタイムリーに気づくことができます。でも最近の Android はアプリの増加や機能の発達などによって、通知は増える一方、もう煩わしくて通知は見ていない方も多くなってきていると思います。そんな状況の中、Android 8.0 Oreo に「通知ドット」という新しい通知の仕組みが導入され、ホーム画面を見るだけで通知の有無が分かるようになりました。そこで今回はこの新しい「通知ドット」の役割や機能について紹介したいと思います。

通知ドットとは、ホーム画面のアプリアイコン上に丸い小さなドットで表示して通知があることをユーザーに知らせる機能です。

これは珍しい機能ではありません。既に他社のスマートフォンでも見られますが、それらは全てメーカーによる独自の実装によるものです。その中には通知の件数までも表示してくれる便利な機種もあり、もう浸透していると思います。

Android Oreo の通知ドットも基本的にはこれらと同じように機能しますが、Android のシステムに組み込まれアプ、リの対応が改善し、ホーム画面の設定だけではなく、アプリ単体でも通知のドット表示を ON / OFF することができます。




しかも、Android Oreo の通知ドットは、ステータスバーや通知パネルの通知とも連動しており、アプリショートカットのようにアイコンを長タップすると、通知の一部を見ることができるのです。この場所で通知をスワイプすると、それはステータスバー・通知パネルから消え、通知パネルもスッキリします。

中盤で説明したアプリ単体の通知ドット ON / OFF ですが、これはアプリの詳細ページに組み込まれたトグルスイッチを切り替えるだけで操作できます。



関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5