Android用のキーボードアプリ「アルテ on Mozc」でカーブフリックが利用可能に

投稿日時 10月 23rd, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
キーワード:
コメントは受け付けていません。




独特な「ターンフリック入力」によって複雑な文字をワンストロークで入力できるキーボードアプリ「アルテ on Mozc」に Windows Phone の便利なカーブフリック機能が追加されました。

カーブフリックとは、フリック方式のキーボード上で濁音(「ぎ」や「ず」など)や半濁音(「ぱ」や「ぴ」など)、小文字の仮名(「っ」や「ゅ」など)をワンストロークで入力できる入力方式です。

元々、カーブフリックは日本語入力に対応した Windows Phone 8.x の日本語キーボードに導入された入力方法で、それが Android 用のアルテに移植されたことになります。

カーブフリックはこれまでのフリック入力の操作性を維持しながら、余計なスライドで濁音や半濁音、小文字を入力できるので、フリック入力の機能拡張版となります。

アルテでカーブフリックを有効にするには、キーボードの種類から「ターンフリック」(2 つのうちどちらか)を選択した上で、「フリック・ターンフリック入力の設定」→「ターンフリックのパターン設定」→「定形パターンから選択」→「カーブフリック準拠型」を選択します。

要はターンフリックの入力方法をカーブフリックに合わせることで、Android でもカーブフリックを再現しています。



アルテ on Mozc

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5