Google、Googleマップの地図の表示方法を変更

投稿日時 11月 21st, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



Google は 11 月 15 日、Google マップなどで使用されている地図の表示方法を目的や状況に応じて自動的に変化する仕組みに変更すると発表しました。

新しい地図では、道路が通行止めになったり、お店がオープンしたり、付近でイベントが起きると、Google マップにも表示されるほか、Google カレンダーで立てた予定や Gmail で受信した予約メール、リストに登録したスポットが Google マップにも反映されるようになります。

Google はまず、経路、ナビゲーション、トランジットの画面を更新し、それぞれの画面で個別に地図表示が変化するようにします。

たとえば、自動車のルートを見ている場合、付近のガソリンスタンドが地図で強調され、また、トランジットの画面では乗り継ぎ駅などが強調されます。それら全てのスポットは次の色分けされたアイコンで見やすく表示されます。




これらの変更は、今後数週間で Google マップやその他の Google サービスに反映される予定です。また、Google マップ API を使用している WEB サイトやアプリでも同様の変更が行われます。





Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5