Amazon、FireTVでSilkブラウザを利用可能に

投稿日時 11月 30th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。




米 Amazon が FireTV シリーズに、自社開発の WEB ブラウザ「Silk Browser」を導入しました。これでリビングルームの大画面テレビでネットサーフィン(死語?)を楽しむことができます

Silk は Fire タブレットには古くから導入されており、WEB ページを閲覧する時に使用します。同じようなことが FireTV を接続したテレビでも行えるようになっただけではなく、Amazon のクラウドサービスを利用したり、Fire タブレットのブックマークをテレビで閲覧するなどの連携機能もあります。

また、ペアレンタルコントロール機能を使えば、子供の FireTV に学齢別のアクセス制限を設定することができます。しかし Silk で画像やファイルをダウンロードすることは許可されていないので、アプリストアには無い Android アプリをダウンロードして手動インストールすることはできません。




サポートデバイスで Silk を起動すると、Bing がデフォルトの検索エンジンとして表示されます。検索エンジンの変更は可能なので、いつも使っている Google を表示させることも可能です。Silk を閉じると最後に閲覧した WEB ページが記録され、次回開くとそのページが表示される仕組みです。また設定メニューで文字サイズやスクロール速度を変更したり、セーフブラウジングを有効にすることもできます。

Silk のサポートデバイスは、第 1 世代と第 2 世代の FireTV および第 2 世代の FireTV Stick となっています。

Source : AFTV News

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5