ゼンリンデータコム、新カーナビアプリ「転ばぬ先のナビ」をリリース

投稿日時 12月 3rd, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ゼンリンデータコムは 12 月 1 日、阪神高速を経由するドライバーの事故防止のために事故頻発地点を特別に案内する新カーナビアプリ「転ばぬ先のナビ」を機関限定でリリースしました。

大阪市・神戸市・京都市とその近郊を繋ぐ阪神高速道路は国内有数の路線数と流通量を誇るため、事故も相対的に多く発生しています。そこで「転ばぬ先のナビ」では通常のカーナビとしての機能に加えて、阪神高速道路株式会社より提供される事故注意地点の情報を基に約 60 箇所の事故注意地点を案内することで、事故の発生を抑制します。

この特別な注意喚起機能は、画面表示と発話でドライバーに伝え、リアルタイムの交通状況(VICS)や交差・分岐点なども音声で案内します。また方面の看板や交差点の拡大図などカーナビさながらの画面表示でドライバーを適切に誘導します。

アプリはドライバーに危険箇所を案内し、注意喚起するという実証実験の手段として用いられており、2018 年 2 月末までの期間限定で提供されます。

転ばぬ先のナビ」(Google Play)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5