Garmin、心拍計センサーとタッチスクリーンを備えたアナログ時計風スマートウォッチ「vivomove HR」を国内発売

投稿日時 12月 20th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, 周辺機器・アクセサリー
コメントは受け付けていません。



Garmin の日本法人は 12 月 20 日、光学式の心拍計センサーとタッチスクリーンを備えたアナログ時計風のスマートウォッチ「vivomove HR」を国内で 12 月 27 日に発売すると発表しました。

昨年も国内ではこれと似た「vivomoveJ HR」が発売されましたが、それはスクエア型盤面を採用しており、今回の「vivomove HR」は腕時計で伝統的なサークル型盤面を採用した製品になります。しかも合計 4 タイプから選べます。

価格は、Sport タイプが 22,963 円 + 税で、Premium タイプが 32,223 円 + 税です。

アナログ腕時計のデザインなので、普段使いの腕時計として使用することやトレーニングの時にはスポーツウォッチとしても使える 1 台 2 役の便利なアイテムです。

アクティビティトラッカーとしては、歩数、消費カロリー、睡眠時間を記録し、トレーニング時には心拍数を計測することもできます。Garmin はスポーツウォッチの経験が豊かで vivomove HR では、最大酸素摂取量(VO2max)やフィットネスレベルを表示したり、心拍の変動からストレスレベルをモニタリングして日々のストレスレベルを表示する機能も搭載しています。また、スマートフォンと連携して、スマートフォンで受けた通知や着信を知らせることもできます。もちろん、Garmin Connect や MoveIQ にも対応しています。

Source : Garmin

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5