DJI、スマートフォン向けスタビライザー「Osmo Mobile 2」を発表

投稿日時 1月 8th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



大手ドローンメーカー DJI は 1 月 8 日、スマートフォン向けスタビライザー「Osmo Mobile」の新モデル「Osmo Mobile 2」を発表しました。日本の DJI 公式サイトでは Osmo Mobile 2 の製品ページが公開されているので、国内でも発売されると思います。

Osmo Mobile 2 は、DJI がドローン製品で培った高性能なジンバル機構と空撮技術をスマートフォンの動画撮影に応用したハンドヘルド型スタビライザーです。内蔵センサーとブラシレスモーターによりスマートフォンでブレの非常に少ない動画撮影が可能になるだけでなく、追尾フォーカスやハイクオリティなタイムラプス撮影・スローモーション撮影・パノラマ撮影も可能です。

Osmo Mobile 2 は前作 Osmo Mobile よりも軽く(501g → 485g)なった一方で、バッテリー駆動時間は 4.5 時間から 15 時間へと大幅に伸びました。インテリジェントバッテリーの容量は 2,600mAh へと増えています。

また、Osmo Mobile 2 では、プロの現場で多用されているカメラワークの一つ「ズームコントロール」についても強化され、グリップ部分に搭載されたズームスライダーにより、ズームを滑らかに行うことがでるほか、ドリーズームといった高度なズーム操作も可能です。

Osmo Mobile の定価は $299 でしたが、Osmo Mobile は $129 と半額以下に下がっています。買いやすくなりましたね。

Osmo Mobile 2 には前作と同様に、同社のドローン製品にも搭載されているアクティブトラック機能があります。DJI Go 4 アプリのカメラ画面で被写体をタップして選択するだけで、その被写体を追尾しながらフォーカスするようにジンバルが自動的に稼働します。これにより、パンやチルトなどのカメラワークが自動かつ滑らかに行えるようになります。

Osmo Mobile 2 は横幅 58.6 ~ 84.8mm、厚み 8.4m までのスマートフォンをホールドすることができ、Bluetooth v4.0 でスマートフォンとつながります。アプリでは YouTube のライブ配信も可能で、カメラ前にいる時には美顔エフェクトをかけて配信することもできます。

米国において Osmo Mobile 2 は 2 月上旬に発売されます。それに先立ち、現地の Apple ストアでは 1 月 23 日より予約受付が始まります。

Source : DJI

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5