KDDIのau向け2018年春モデル7機種を一挙にご紹介

投稿日時 1月 9th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ピックアップ記事
コメントは受け付けていません。




KDDI は 1 月 9 日、au 向け 2018 年春モデルを合計 7 機種発表しました。ラインアップと発売時期は次の通りです。

■ Qua phone QZ(2 月下旬)
■ Huawei Nova 2(1 月下旬)
■ BASIO 3(1 月下旬)
■ mamorino4(2 月上旬)
■ Qua tab QZ10(2 月下旬)
■ Qua tab QZ8(1 月下旬)
■ Speed Wi-Fi NEXT W05(1 月下旬)

Qua phone QZ

Qua phone QZ は au オリジナルブランド「Qua」の新型スマホ。今作は京セラ製で、スペックはあまり高くありませんが、デザイン性と耐久性を両立させ実用性を高めています。

カラバリはインディゴのほか、チョコミント、カシスピンク、シトラスレモンといったファンシーなカラーリングも用意しており、防水・防塵、耐衝撃性、さらには Dragontrail-X + スクリーン + ハイブリッドシールド構造を採用することで割れにくいフロントパネルを実現しています。

おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信などの定番機能には対応していませんが、Qua phone QZ は最新の Android 8.0 Oreo を搭載しています。




Huawei Nova 2

Huawei Nova 2 は au 初の Huawei スマホです。ただ、ベースモデルは今年 6 月に海外で発売されているので、少し古い機種になります。

Nova 2 の特徴はスリムでスタイリッシュなデザインとミッドレンジクラスの中でもとても優れたカメラを搭載している点です。

Nova 2 は 5 インチスマートフォンですが、狭額縁デザインにより横幅 69mm とスリムで、しかも質量は 143g と軽量です。

カメラは背面に 1,200 万画素と 800 万画素のダブルレンズカメラ仕様で、背景をぼかすことのできるポートレートモードやワンタッチで 2 倍のズームインが可能です。フロントカメラはシングル構成ですが、2,000 万画素と非常に画素数が多く、さらには「3D 顔面認証技術」と「ビューティ補正機能」によって、自撮り時には背景を自然にぼかしたり、自然な美顔効果を付けることができます。

VOLTE やキャリアアグリゲーション、WiMAX 2+ には対応していますが、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信には対応していません。




BASIO 3

BASIO 3 はスマートフォン初心者や使い方を覚えられない方に優しいスマホです。端末の設定や使い方で困った専用カードに本体をかざすと診断メニューが起動し、お困りを解決してくれます。

また、本体には「使いこなし動画」というチュートリアル動画アプリがプリインストールされており、BASIO 3 の使い方をテレビショッピングのような形式で分かりやすく教えてくれます。

BASIO 3 のリアカメラにはスライドカバーが付いており、カメラレンズを保護するだけでなく、カバーをスライドさせるだけでカメラが起動します。

BASIO 3 は Android 7.1 Nougat を搭載した 5 インチスマホ。2,940mAh の大容量バッテリーを搭載しており長時間試用することができます。おサイフケータイには対応していませんが、ワンセグ、赤外線通信、LTE / WiMAX2+、VoLTE、個人向けサポートサービス「auスマートサポート」に対応しています。




mamorino4

mamorino4 は、防犯機能や見守り機能が充実したキッズ向けのフィーチャーフォンです。2.8 インチのタッチパネルを搭載しており、スマートフォンのようにタッチで操作できるほか、音声操作にも対応しており声だけで電話やメールを発信できるなど手軽に操作できます。

mamorino4 ならではの防犯ブザーは、押すとブザーが鳴動し、予め登録された緊急連絡先に電話と居場所を付した SMS が発信されるだけでなく、ココセコムのオペレーションセンターに通報する「通報サービス」にも新たに対応しました。




Qua tab QZ10

Qua tab QZ10 は京セラ初の Android タブレットで、au オリジナルブランド「Qua」の 10 インチセルラー(LTE / WiMAX 2+)タブレットとして発売されます。

Qua tab QZ10 は IPX8 の優れた防水性能、ワンセグ・フルセグのテレビチューナー、ステレオスピーカーを搭載しており、水濡れしやすいキッチンでもレシピサイトやクッキング動画、さらにはテレビを観ながら料理等をすることが可能です。

Qua tab QZ10 は置き時計やフォトフレームとしても使えるよう設計されており、充電中には「Info Clock」が実行され時計や写真、通知などを表示します。

また、子供タブレットとしても使えるようにアプリを一つしか実行できないようにする「子どもロック」も搭載しています。




Qua tab QZ8

Qua tab QZ8 は Qua tab QZ10 の小型モデルで、同じく京セラによって開発されました。片手で持てる手軽さや LTE と WiMAX 2L に対応しており、お外でもインターネットができる点が売りとなっています。OS は Android 7.1 Nougat です。

Qua tab QZ8 は 325g とそこそ軽いものの、5,200mAh という大きめのバッテリーを搭載しており、「バッテリー給電」機能により外部機器を充電することもできます。なお、Qua tab QZ8 はワンセグ・フルセグにはいずれも対応していません。




Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05 は 4G LTE、WiMAX 2+、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth に対応した Huawei 製のモバイル Wi-Fi ルーターです。

コンパクト設計でスポーティーな外観、4X4 MIMO 3CA(256WAM)に対応したことで下り速度が最大 708Mbps に向上している点がこの製品の大きな特徴となっています。またアップリンクも 2CA(64QAM)への対応によって 75Mbps に向上しています。

2,750mAh のバッテリーは 540 分(WiMAX 2+ ノーマル設定)の連続通信時間を提供し、本体のバッテリーは USB Type-C で充電します。最大接続台数は 10 台で、Bluetooth テザリング時も最大 3 台まで接続させることができます。




Source : KDDI

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5