YouTubeアプリで動画をアップロードする際に動画サイズを下げる方法

投稿日時 2月 22nd, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



動画を 4K で撮影できる機種がけっこう増えてきたので、Android ユーザーさんの中には動画はいつも 4K で撮影するという方は少なくないと思います。しかし YouTube 経由で動画をシェアする時にはアップロードに相当の時間がかかります(長さにもよりますが)。そこで今回は YouTube アプリで動画をアップロードする際に自動的にサイズを下げる方法をご紹介します。

YouTube のアプリにはアップロード設定に動画サイズを 360p / 480p / 720p / 1080p / オリジナルの中から選択できる機能があります。事前に設定を変更しておくと、アプリ経由でのアップロード時に動画サイズを指定できるのです。大抵は 720p か 1080p が選択されると思います。

この設定はアプリの「設定」→「全般」→「アップロードの品質」にありますので、動画サイズを下げてアップロードしたい方は設定しておくと良いでしょう。

また、撮影した 4K 動画をそのままのサイズでシェアしたいという方は、「オリジナル」を選択します。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5