空きの座席をアプリで予約できる「Seatify」が7月に国内で開始

投稿日時 5月 22nd, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



CiaoTechnoligies は 5 月 22 日、フリーランスやリモーt−ワーカーなどのオフィスを持たない働き方している方に仕事スペースを提供し、アプリで簡単に予約できる座席シェアリングサービス「Seatify」の国内展開を発表し、ユーザーの事前登録受付を開始しました。

Seatify は、空いてい席を有料・無料でレンタル提供できるサービスで、スマートフォンアプリを使って貸出の登録や予約が行えます。

世の中には駐車場や倉庫、会議スペースを他のアプリユーザーに貸し出せるサービスがいくつか見られますが、Seatify もそれと似ており、自分所有の座席やアイテム(充電設備等)を公開し、貸し出すことができます。

「仕事スペースならそこらのカフェを利用すればいい」と思うかもしれませんが、Seatify なら事前に予約できるので座席をしっかりと確保することができます。つまり、座席を離れても取られる心配がありません。また、座席のカタログにはお店や施設で利用できるアイテム(充電設備等)も掲載できるので、必要なアイテムを持ち合わせていなくても借りることができ、事前にチェックしておけば出張時の荷物を減らせることにも繋がります。

Seatify を利用すると、座席を提供することで集客を促進できるほか、空いている座席を Seatify を活用してビジネスすることもできます。しかし、有料で提供できる座席は限られており、二重課金となりそうなカフェやレストラン、有料ワーキングスペースは例外(リスト掲載の対象施設)を除いて無料です。また、図書館・大学のような公的施設も無料での提供に限られます。

Seartify はまず東京 23 区で開始されます。

Source : Seatify 公式サイト

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5