Googleレンズを使うとGoogle Playギフトカードのコード適用が楽になる

投稿日時 5月 27th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Google レンズはまだ国内では提供されていませんが、もし使えるようになったときには Google Play ギフトカードのコード適用に役立つと思います。

Google レンズはカメラに映る物体や建物だけでなく、文字も認識できるので、名刺やチラシ、ポスターといった紙媒体の情報をスキャンできます。これを使えば、コンビニ等で購入した Google Play ギフトカードや iTunes カード、その他のギフトカードのコードをスマートフォンで簡単に適用することができます。

スキャンはカードにカメラをかざし、コード部分をタップするだけです。文字列をタップするとコンテキストメニューが表示されるので、「コピー」を選択するとクリップボードにデータが貼り付けられます。あとは Google Play ストアのコード入力画面に貼り付けるだけです。




クーポンコードの文字列は数字とアルファベットの羅列であることが多く、誤認識も多いだろうと思われるかもしれませんが、Google Play ギフトカードの場合、誤認識はたったの 1 文字だけ(「Z」を「2」とよみ間違えた)だけ。今回の場合だけになりますが、「0」と「O」、「4」と「A」、「8」と「B」の間違いは無かったので、いちいち手入力するよりも、コピペで修正したほうが早く適用できると思います。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5