スマホでも絵文字を使ってみよう、どんな使い方がある?

投稿日時 8月 20th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



いつの間にか SNS や LINE 等のコミュニケーションアプリで絵文字を活用しているスマホユーザーが多くなってきましたよね。特に女性は、その大多数が既に絵文字を使いこなしていて、もはやスマートフォンでの絵文字の使い方や絵文字を使う魅力を説明するまでもありません。絵文字を実際に使ってみるとメッセージが華やかに見えるようになるだけでなく、会話の雰囲気も変わるので、まだ絵文字を使ったことがない方や、「絵文字なんて使わん」という方も、一度でも使ってみると絵文字の見方が少し変わるかもしれません。

絵文字や顔文字は古くからネット上でのやり取りで多用されており、スマートフォンでも Android OS やアプリの対応改善等によって顔文字以上に使用されるツールとなりました。

顔文字は表情や感情を伝えるのに有効な手段の一つですが、絵文字はそれだけでなく、物事のイメージや雰囲気を伝えることもでき、さらに、一つの絵文字を入力するのに顔文字ほどの文字は消費しないので、文字数制限が設定されているサービスでは有効な表現手段だと言えます。

現在、多くのキーボードアプリが絵文字をサポートしており、大半の Android アプリでは絵文字を絵文字として表示できるようになっています。

この記事は絵文字を使わない人を対象としているので、どういう場面で絵文字が役立つのかをいくつかの例を挙げて紹介します。次は単に気分や感情を表す簡単な使用例です。




絵文字には食べ物や乗り物、動物といった人や表情以外の図柄が多く含まれているので、文字で表現した物事を相手に連想させたり、文字や記号そのものの絵柄もあるので、通常の文字の代わりとして用いることもできます。




絵文字を駆使すれば、もはや文字を打つことさえ不要になる場合もあります。




絵文字には打ち込むのが面倒だというデメリットがある一方で、表現の幅が広がり、メッセージの雰囲気を作り出すことができるメリットもあります。ちょっとキツい言い方のメッセージでも相手に与えるインパクトを和らげることができたりするので、使い方を知っておくとネット上での表現の幅が広がると思います。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5