360写真をアニメーション化してバーチャルツアー動画を作成

投稿日時 8月 30th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



360 カメラで撮影した全天球パノラマ写真を閲覧する方法というと、PC やスマートフォンの画面でグリグリと回し全方向を閲覧したり、VR ゴーグルを使って閲覧して臨場感を味わう、このような方法が一般的だと思いますが、360 写真でアニメーションを作成するとバーチャルツアーガイドのようなムービーなども作成・公開できるので、あまり使わなさそうな 360 カメラに新たな価値を見出すことができ、持っていない人は欲しくなるかもしれません。

360 写真でアニメーションを作成する機能は大半の 360 カメラに搭載されているので新しい機能というわけではありませんが、この機能を使うと、たぶん 360 写真をもっと活用したくなるはずです。

今回はリコーの THETA V を用いた作例をお示しします。THETA V は THETA+ アプリで 360 写真のアニメーションを作成する機能があり、しかも、アニメーションを一から作成できるカスタムモードも備わっておりかなり高機能です。




先日、ヤフオクドームでホークス戦を観戦してきました(ちなみに、私はダイエー時代からのファンです)。この時撮影した 360 写真でアニメーションを作成すると、球場内をテレビカメラで見渡しているかのようなムービーをたった一枚の 360 写真で作成できます。




THETA+ もそうなのですが、普通、アニメーションはテンプレートを適用することで作成します。しかし THETA+ のカスタムモードでは、視点と視点間の移動方法やスピード、静止時間をユーザーが選べるので、ほぼ完全にオリジナルのムービーを作成できるのです。


関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5