NTTドコモ、spモード追加機能「基地局データを活用した位置情報の提供」を3月31日(木)より開始

投稿日時 3月 29th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


NTTドコモは3月29日、spモードの追加機能である基地局データを活用した位置情報の提供を3月31日(木)午前9時より開始すると発表しました。

この機能に対応したサービスやアプリがNTTドコモの基地局ベースの位置情報を取得できるようになります。基地局ベースの位置情報なのでGPSより精度は落ちますが、位置情報の取得が速い、屋内や地下でもおおよその位置を特定できる、消費電力を節約できるといったメリットがあるそうです。

具体的には、緯度経度やエリアコード、エリア名称、住所コード、住所テキスト、郵便番号といったデータがコンテンツプロバイダーに提供されます。

現在この機能への対応が予定されているアプリは、

  • アクセルモバイル「駅すぱあと」(2011年3月下旬以降)
  • カイト株式会社「giveApp」(2011年3月下旬)
  • 株式会社ゼンリンデータコム「直感ナビ」(2011年3月下旬)
  • ジョルダン株式会社「乗換案内」(2011年3月下旬)
  • 株式会社GClue「Blocco」(2011年3月下旬以降)
  • Mapion Co,Ltd.「MapionMaps」(2011年3月下旬)
  • 株式会社radiko「radiko.jp」(2011年4月以降)
  • 株式会社リクルート「RecoCheck」(時期未定)
対応機種は全てのspモード対応機種、申込みは不要で利用料無料ですが、spモードの契約が必要です。

Source : NTTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found