Sony Mobile、有機ELの新フラッグシップ「Xperia XZ3」を発表、Android 9 Pieで発売

投稿日時 8月 30th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Sony Mobile は 8 月 30 日、Xperia シリーズの新しいフラッグシップモデル「Xperia XZ3」を正式に発表しました。Xperia XZ3 は Android 9 Pie を搭載して発売される機種の一つとなります。

これまで数年間 Xperia のフラッグシップは半年という短いスパンでモデルチェンジしていたこともあり、毎回変わり映えしないという感じで見ていましたが、今回は違うようですね。

Xperia XZ3 はディスプレイに 6 インチ 18:9 QHD+(2,880 x 1,080 ピクセル) HDR OLED を搭載しており、Xperia で初めて有機 EL で色鮮やかなパネルを採用しました。Xperia XZ2 と比較して解像度も向上しているので、ビジュアル体験はかなり改善されるはず。また、ディスプレイ機能の一つ「X-Reality」が SDR コンテンツを HDR 画質にアップコンバートすることに対応し、HDR に対応していない映像コンテンツでも HDR 風の色鮮やかな画質に調整してくれます。

筐体デザインは Xperia XZ2 シリーズを踏襲していますが、3mm 厚の薄型アルミフレームと OLED パネルの採用などにより少しスリムになっています。もちろん IP68 レベルの防水・防塵はしっかりと維持しています。カラバリはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの 4 色になります。筐体サイズは 158 x 73 x 9.9mm、質量は 193g です。




Sony Mobile は Xperia XZ3 から大画面での利便性を意識したユーザーインタフェースを新たに導入しており、その中でも特出すべきは AI を活用した機能の充実化です。

例えば、「サイドセンス」は画面のどこか端っこをダブルタップすると AI がユーザーの使用履歴から学習した、よく使う、またはユーザーが必要としているアプリを縦スクロールの小窓で提案します。また、端末を横向きにしてカメラのように構えるように持つと、カメラアプリが起動します。これも AI の仕業です。

カメラは残念ながらシングル構成のようです。1,900 万画素 Motion Eye カメラ(1.22μm、25mm レンズ)で、Xperia XZ2 シリーズまでの独自機能に加えて、4K HDR 動画の撮影に対応しました。フロントカメラは 1,300 万画素(1/3.06 インチ)で、3D クリエイターの 3D モデルを表情付きで表示することが可能になりました。

オーディオ機能に大きな変化は見られませんが、フロントステレオスピーカーの音量が前作よりも 20% アップしているそうです。他にも、DSEE HX やハイレゾ再生、LDAC 等の機能はサポートしています。

プロセッサは Snapdragon 845 で、メモリは 4GB RAM + 64GB ROM。Micro SD カードは最大 512GB をサポートしています。バッテリー容量は 3,330mAh で、Qi ワイヤレス充電に対応しています。

上記の他には、Wi-Fi ac や Bluetooth 5、LTE Cat 18(下り最大 1.2Gbps)、NFC 等に対応しており、シングル SIM 版とデュアル SIM 版が用意されています。また、指紋リーダーや USB Type-C(Gen 3.1)コネクタを搭載しています。

Xperia XZ3 は 2018 年 9 月末よりグローバル市場で発売されます。

Source : Sony Mobile

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5