Huawei、Mate 20シリーズを10月16日に発表、IFAではMate 20 Liteを披露

投稿日時 9月 2nd, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Huawei は、現在ドイツ・ベルリンで開催中の IFA 2018 イベントで Mate シリーズの新モデルとなる「Mate 20 Lite」を披露しました。

Mate 20 にはスタンダードモデル、Pro モデル「Mate 20 Pro」、そして、廉価版「Mate 20 Lite」の 3 モデルがリリースされると噂されており、Mate 20 / 20 Pro は 7nm プロセスの新 SoC「Kirin 980」を搭載するとも言われています。

Huawei は IFA 2018 で新機種は一つも発表しておらず、Kirin 980 や Huawei P20 Pro の新色、そして Mate 20 シリーズを 10 月 16 日にロンドンで正式に発表することを発表しただけに留めています。

Mate 10 Lite は廉価版であっても前作(Mate 10 Lite)からかなりスペックアップしているようです。ディスプレイは 6.3 インチに拡大し、iPhone X のようなノッチを持つデザインを採用しました。

IFA の Huawei ブースでは、Mate 20 シリーズの中でも下位グレード「Mate 20 Lite」が展示されていたわけですが、外観は Mate 10 のようなガラスバックカバーを採用しており、ワイドなノッチ部分を持つデザインに変わっています。ノッチ部分にはデュアルカメラが仕込まれています。リアカメラもデュアル構成です。

Mate 20 Lite はまた、Hisilicon 製のミッドレンジ向け SoC「Kirin 710」を搭載しています。Kirin 710 には NPU が実装されているため、AI の処理能力が Kirin 6XX を搭載した歴代のミッドレンジモデルよりもアップしています。

Huawei は Mate 20 Lite で AI ベースの機能を拡充しており、フェイスアンロックは真正面のみならず、比較的広いアングルでも作動するようになり、カメラは ASUS の ZeniMoji のように顔をキャラクターにすり替えて写真や動画を撮影する機能をサポートし、また、アーティスティックモードもサポートしました。ギャラリーアプリについては、AI が写真中のオブジェクトを識別して、例えば「夕陽」や「ビーチ」といったシーン別に写真をまとめることもできます。OS は Android 8.1 + EMUI 8.2 です。



Source : GSM Arena

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5