YouTubeアプリのオフライン保存の活用方法、Micro SDカードの必要性も

投稿日時 11月 20th, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



YouTube の Android アプリが「バックグラウンド再生」や「オフライン保存」、さらには「ピクチャー・イン・ピクチャー」に対応してからそれまでよりも YouTube の使い勝手が良くなりましたよね。その中でもあまり必要性を感じなさそうな「オフライン保存」は機能を詳しくみていくと結構役立つ場面が多いので、この機能のメリットをご紹介したいと思います。

自宅に Wi-Fi 環境がなく YouTube の観すぎで月末まで通信制限がかかってしまった、という人は私の身の回りにも数人いるほど意外と多く、そういう時にはカフェ等の無料 Wi-Fi を拝借して動画をオフライン保存しておくと昔でいうところのパケ死を減らせます。少し卑しいですが・・・、使い方としてありです。

また、オフライン保存できるのは動画単体だけでなく、プレイリストやミックスリストも対応しているので、例えば好きなアーティストのミュージックビデオ集が 100 本あったとしても一括でダウンロードできます。ただしオフライン保存の上限画質は 720p に制限されます。




日本のネット環境はだいぶ発達しているので、オフライン保存はあまり使われないと思いきや、上記のように様々なメリットがあるので普通に使われるのではないかと見ています。

オフライン保存を多用するなら Micro SD カードが必要になってくるでしょう。Micro SD カードを挿した Android スマホならオフライン保存のデータがデフォルトで Micro SD カードに保存されるので、Micro SD を持っていない方は購入を検討してみてください。




使用する Micro SD カードは、ある程度の容量があれば安いもので十分だと思いますが、高性能な商品とバルク品の間で価格に大きな差はないので、どうせなら 4K 動画の保存や高速なデータ移動の効果も期待できる高性能カードにするのはどうでしょう。私がおすすめするのはアプリケーションパフォーマンスクラス A1 または A2 への対応が明記されている商品です。この表示があれば書き込み性能で 50MB/s 前後の性能なのでどんな用途で使用しても性能が問題になることはないでしょう。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5