もう使わなくなったスマホスティックをデジカメの「タッチ&ドラッグAF」の補助具として活用

投稿日時 11月 21st, 2018 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ブログ
コメントは受け付けていません。



もう使わなくなったスマホスティックを久々に手に取り、ふと、「デジタルカメラのタッチ & ドラッグ AF の補助具として使えないか」と思いましたのでシェアします。既に試した方は多いと思いますので、本記事の内容は「私も試してみた」というだけの話になります。

キヤノンデジカメの多くには、カメラの画面を指でドラッグすることにより AF フレームを移動できる「タッチ & ドラッグ AF」機能が搭載されており、ファインダーを見て撮影するときに画面を有効活用できます。これをスマホスティックで操作できるようにするというのが本記事の趣旨です。




実際のところ、スマホスティックの可動域は数mm ~ 1cm しかないので、AF フレームを動かせる範囲は限られてしまいますが、物理ジョイスティックさながらの使いやすさで指タッチよりも操作感は良いと思いました。意外と AF フレームの動きは正確且つ滑らかだったのが驚きです。




AF フレームの移動範囲が限定されるので全く実用的だとは思いませんが、わずかな範囲でしか AF フレームを動かすことがない、といった特定の使い方だと役立つかもしれません。

また、タブレット用のスティックだと吸盤がカメラの画面から飛び出る可能性があるので使えないと思いますが、スマホ用でも可動域が広いものを選ぶといいかもしれません。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5