ソフトバンクホークス、2019年ハニーズメンバーを発表

投稿日時 1月 16th, 2019 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。



福岡ソフトバンクホークスは 1 月 15 日、同球団オフィシャルダンス & パフォーマンスチーム「ハニーズ」の 2019 年シーズン新メンバーを発表しました。

毎年オーディションが実施され、現役メンバーも全員シャッフルされるハニーズ。その 2019 年メンバーは 2018 年シーズンからの継続メンバー 13 名、新規メンバー 6 名、復帰メンバー 1 名の合計 20 名で構成されており、3 月 2 日のオープン戦(対阪神タイガース)の試合より活動を正式に開始します。

今回のオーディションでは初の取り組みとして、東京と大阪で事前オーディション審査を実施し、全国規模でメンバーを募集しました。そして 12 月に福岡で本オーディションを実施し、その審査を経て 2019 年メンバーが決定しました。

注目の新規メンバーは、福岡県出身の honoca、さん、MEI さん、KANNA さん、AI さん、千葉県出身の MIKU、熊本県出身の Miy さん。2014 – 2016 年シーズンにハニーズを務めた KYOKO さんが今回のオーディションに合格し復帰を果たしました。

ちなみに、MEIさんと KYOKO さんの両名は地元の TV 番組「ももと浜ストア」のハニーズ特集でピックアップされていた人物なので、地元福岡では既に注目されていると思います。

2018 年からの継続メンバーは、SHOKO さん、MAKOTO さん、ISUZU さん、KANA さん、HANA さん、MAYUMI さん、Nanami さん、ELIKA 様 Lisa さん、NANA さん、NOA さん、NAYON さん、YURI さん。NAYON さんについては、毎年シャッフルされるハニーズとしては稀な 5 年目のシーズンを迎えます。

余談ですが、個人的にハニーズに限らずプロ野球のチアリーダーというのは、選手・球団、ファン、地域といったプロ野球界を構成する主要な歯車を繋ぎ回していく役割を担っており、彼女たちの活動が、例えば新規ファンの開拓や応援の盛り上がり、地域振興など、最終的には経済効果の促進を手助けします。こうした役割を担える数少ない存在が(今回の場合)ハニーズなんだろうと考えています。

オーディオションの先行基準は公表されていないので実際のことは全く知りませんが、今述べたプロ野球チアの存在意義を感覚的でも論理的でも、自覚の度合いが最終的な決定の判断に結びついたのではないかと推測しています。もちろんダンスといった技術的な要素は別の話ですけど・・・。この存在意義を十分に自覚していないと、たぶん選手と同じでシーズンを通してモチベーションを高く保つことは無理でしょうからね。

ちなみに、ホークスキャラバン 2018 のステージイベントやパ・リーグダンスフェスティバルに出演したメンバーのほぼ全員 2019 年のメンバーに残っていたので、2020 年シーズンのメンバーも同じ見方で発表前にオーディオションの結果を予測することができます。

Source : ソフトバンクホークス

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5