3D 180度と2D 360度の動画を撮影できる「Vuze XR Dual VR Camera」のレビュー

投稿日時 5月 24th, 2019 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, ピックアップ記事, ブログ
コメントは受け付けていません。



3D 180 度と 2D 360 度の写真と動画を一台で撮影できるハイブリッドタイプの VR カメラ「Vuze XR Dual VR Camera」のレビューをお送りします。

Vuze XR Dual VR Camera は一般的な 360 カメラのように 2 つのカメラレンズを搭載しており、カメラの下部にあるボタンを押すと、通常は対に配置されたカメラレンズが展開し、二眼タイプの VR カメラに変身する、一風変わった VR カメラです。




Vuze というブランドにはあまり馴染みが無いので不安に思う方は少なくないと思いまが、製品クオリティは大手企業のそれと同等以上で、日本語にも対応していますし、後述する PC ソフトは、機能が充実していて総合的に見て、大手メーカーの製品に劣らない完成度の製品だと言えます。

Vuze は、イスラエルの HumanEyes Technologies 社が展開している VR ブランドのことで、同社は Vuze ブランドの VR カメラの他、VR ソフトウェアなども手がけています。




Vuze XR カメラを使えば見慣れた 360 写真・動画を撮影することはもちろんのこと、人の目で周りを見ているかのように周りの物や風景が立体的に映る 3D の 180 写真・動画も撮影できます。次の写真は 5.7K で撮影した 180 動画から切り出した港の写真です。



こちらのリンク先では他のサンプル写真を公開しております。

Vuze XR カメラで撮影した 180 写真・動画を 3D で視聴するには VR メガネを使わなければなりませんが、もう見飽きた 2D 360 写真・動画よりもリアリティがあって文字通りバーチャルリアリティの素材としては 2D 360 動画よりも優れていると思います。

Vuze XR カメラの外観は一般的な 360 カメラのようで、カメラレンズ下にあるボタンを押して電源の ON / OFF、静止画・動画モードの切り替え、撮影、Wi-Fi の ON / OFF、カメラの展開を行います。




カメラ本体の機能はリコーの THETA V に近い内容です。基本的には単純に写真や動画を撮影する機能しかありません。そういうこともあって Vuze XR カメラはとても使いやすい VR カメラだと思います。タイムラプスや HDR、LOG 収録といった Insta360 に見られる付加価値的な機能はなく、スマホアプリを使った操作もとても楽です。




バッテリーは内蔵型です。グリップ部分には USB Type-C コネクタと Micro SD カードスロットがあります。充電は Type-C で行い、メディアの保存には Micro SD カードを使用します。




Vuze XR カメラの大きな特徴は 3D の 180 写真・動画も撮影できる点ですが、他にも動画モードで 4K@60fps の超滑らかな 180 / 360 動画を撮影できたり、5.7@30fps という 4K を超える高精細な 180 / 360 動画を撮影できるのも魅力の一つだと言えます。

欠点と言いますか、仕様上そうなっているだけの話なのですが、多くの 360 カメラではメディアをスマホに転送してアプリを使って補正等の後処理をしたり共有操作をします。もちろん Vuze XR カメラにもメディアをスマホに転送する機能は付いているものの、後処理や共有ができないのです。そうした作業は全て PC ソフト「Vuze VR Studio」で行う形を採用しています。




後処理を PC ソフトでやらないといけない点は少し面倒くさいと感じてしまいますが、実はこの Vuze VR Studio というのは、他社が出している PC ソフトよりも高機能なのです。

例えば、ヒスとグラムを見ながら露出やサチュレーション、色温度を調整できたり、映像の上下を 180 度回転できたり、撮影者の手や底部に取り付けた三脚等を隠すパッチ処理ができたり、動画フレームを静止画として切り出すことができたり、後から手ブレ補正(スタビライザー)を適用できたりと、プロ向けの動画編集ソフトで定番となっている基本ツールが一通り揃っています。




Vuze の PC ソフトはとても優秀なのですが、その一方で Vuze XR のスマホアプリにはカメラプレビュー、ギャラリー、カメラのちょっとした設定項目しかなく、他社のアプリに見られるお手軽編集や SNS シェアといった機能は一切付いていません。「撮って見る」、できるのはこれだけです。

5.7K や 4K@60fps 撮影に対応している点を考慮すれば、Vuze XR カメラはどちらかというとプロ向けの VR カメラに分類できそうです。

Vuze XR の残念な部分はカメラに手ブレ補正機能が付いていない点です。5.7K 画質の 180 度または 360 度動画は非常に高精細でとても見応えのある映像なのですが、Insta360 のようにカメラを手持ちして撮影すると映像がけっこうブレてしまうので、アクションカメラとしての用途には向いていません。三脚を使った撮影がメインになると思います。その為、お世辞にも Insta360 One / One X の競合とは呼べません。

以上のことから、私は次のように Vuze XR カメラを評価しています。

1. 馴染みのないブランドなので全てにおいて懐疑的になるが、モノ自体はとても素晴らしく買って損したと思うことは殆どない。

2. 画質を選ぶなら Vuze XR カメラかな。アクションカメラとしても使いたいのなら他を選んだ方がいいかも。

3. PC での動画編集に慣れている方ならきっと Vuze XR カメラで良い映像素材が作れるはず。

4. 3D 180 度の写真は思ったよりもリアルで迫力があり一見の価値あり!

Vuze XR カメラの Amazon 価格は約 59,500 円です。値段は他社の VR カメラよりも少し高いように感じますが、他社製品より優れている部分がいくつかあるので、個人的には妥当な価格設定かなと思います。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5