Huawei、Cineカメラを持つ「Honor View 30 Pro」を発表

投稿日時 2月 26th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Huawei がスマートフォンのサブブランド「Honor」の新フラッグシップとなる「Honor View 30」「Honor View 30 Pro」を発表しました。

Honor View 30 / 30 Pro は Hisilicon の最新チップ「Kirin 990」を搭載したマルチモード 5G 対応のハイスペックスマートフォン。高性能チップ、万全の熱対策、広角・望遠撮影も可能なトリプルカメラ、有線・無線の両方で素早く充電できるなど機能はかなり充実しています。

特出すべきは Honor View 30 Pro に備わっている「Cine カメラ」です。これは 16:9 フォーマットで作られたイメージセンサーと F2.2 109 度の広角レンズを搭載した 1,200 万画素カメラモジュールのことで、4 つの画素を 1 つに束ねて使用することで受光量を 2.8μm 相当に増加させて暗所でも明るい写真を撮影できるようにしたほか、4K HDR 動画の撮影や 5 軸手ブレ補正にも対応するなど、高品質な動画撮影も可能にしています。また、マクロモードに切り替え被写体に接近し大きく捉えることもできるようになっています。

Honor View 30 / 30 Pro は他にも、4,000 万画素の高感度カメラ、光学 3 倍の 800 万画素カメラを背面に搭載しており、Honor View 30 では Cine カメラが通常の 120 度広角レンズの 800 万画素にダウングレードされています。

フロントカメラは 3,200 万画素(標準レンズ) + 800 万画素(広角レンズ)のデュアル構成となっています。

ディスプレイは 6.57 インチ FHD+(2,400 x 1,080)の FullView ディスプレイで、本体の横幅は 75.8mm なのでやや大きめのスマホです。バッテリー容量は 4,100mAh と比較的大きいながらも、40W の USB 充電と 27W のワイヤレス充電に対応しており、有線なら 30 分の充電で 72%、ワイヤレスでも 30 分で 52% まで充電することができます。

Honor View シリーズは Huawei の正当なフラッグシップである P シリーズと仕様が似ているので、3 月に発表される P40 シリーズには View 30 シリーズに盛り込まれた多くの特徴を見ることができると思います。

Source : Honor

カスタムメイドの「Cine カメラ」です。Cine カメラは動画撮影に特化したカスタムメイドのカメラモユニットで、イメージセンサーは 16:9 フォーマットで作られており、画素サイズは 2,8μm と大きく受光量を増加させ暗い場所でも明るく撮影することができ、109 度の広角レンズを搭載しており、5 軸手ブレ補正、4K HDR 動画撮影、

ディスプレイは 6.5


Cine-Level HDR、Five-Axis Video Stabilization

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5