ソフトバンク、5Gサービス「SoftBank 5G」を3月27日に開始、5Gスマホ4機種も併せて提供

投稿日時 3月 5th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



ソフトバンクは 3 月 5 日、第 5 世代移動通信システム(5G)の商用サービス「SoftBank 5G」を 3 月 27 日に開始し、SoftBank 5G に対応した第一弾の 5G スマホ 4 機種と、5G の魅力を体験できる新しいコンテンツ配信サービス「5G LAB」を発表しました。

SoftBank 5G は 3 月 27 日にスタートし、新規の方も既存のソフトバンクユーザーの方も従来の料金プランに加えて、月額 1,000 円の「5G 基本料」を追加することで 5G サービスを利用することが可能となりますが、8 月 31 日まではこの 5G 基本料が最大 2 年間無料となる「5G 無料キャンペーン」が実施されるので、初期の 5G ユーザーは追加費用無しで SoftBank 5G を体験できます。

▲ OPPO Reno3 5G



SoftBank 5G に対応した第一弾のスマホとは、AQUOS R5G(3 月 27 日発売)、ZTE Axon 10 Pro 5G(3 月 27 日発売)、LG V60 ThinQ 5G(4 月下旬発売)、OPPO Reno3 5G (7 月下旬発売)です。なお、OPPO Reno 3 5G を国内で扱うのはソフトバンクのみとなります。



注目なのは新しいコンテンツ配信サービス「5G LAB」です。これは、「AR SQUARE」、「VR SQUARE」、「FR SQUARE」、「GAME SQUARE」という 4 つのカテゴリのサービス(実態はサイトやアプリ内)で提供され、AR / VR / FR SQUARE は月額 500 円の「5G LAB ベーシック」プランとして提供され、3 月 27 日に開始されます。残りの GAME SQUARE はクラウドゲーミングサービス GeForce Now を改名したサービスとなっており、正式には 6 月頃に開始されます。

AR SQUARE は、スマホのカメラをかざした風景にデジタルコンテンツを合成するなどして現実世界を拡張するようなコンテンツを楽しめるサービスです。3D ホログラム技術を利用してスキャンされた 3D のアイドルやキャラクターをカメラに映る風景に合成して遊べたりします。

VR SQUARE は既存の VR ライブ配信サービス「LiVAR」をリニューアルしたサービスです。

FR SQUARE は Free view point Reality、すなわち多視点で楽しめるライブまたはオンデマンド動画を配信するサービスです。

GAME SQUARE は上記の通り、クラウドゲームサービスとなっております。

これら 4 サービスのうち、「5G LAB ベーシック」で楽しめるサービスについては、SoftBank 5G の「5G 基本料」に加入すると 3 月 27 日 ~ 6 月 31 日までの間は無料で体験できます。

なお、本日 3 月 5 日からは全国のソフトバンクショップに 5G LAB のサービスを体験できる特設コーナーが設置されます。

Source : ソフトバンク(SoftBank 5G)(5G スマホ)(5G LAB

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5