Google、Hangouts Meetを「Google Meet」にブランド変更か?

投稿日時 4月 8th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Google は G-Suite ユーザー向けに提供しているビデオ会議ツール「Hangouts Meet」を「Google Meet」へとブランド替えしようとしているようです。

Hangouts Meet は主に企業や団体、教育機関向けのビデオ会議ツールで、PC やスマホ、タブレットなど、様々なデバイスからビデオ会議に参加できます。

3 年前に実行された Hangouts の再編によって Hangouts Meet は誕生し、この間はずっと Hangouts のブランドを維持してきましたが、Hangouts Meet のヘルプサイトは「Google Meet」に変わっていますし、公式発表文でも既に「Google Meet」が使用されているので、まもなく正式に Google Meet へと変更されるものと考えられます。

最近では、新型コロナウイルス感染症の影響で外出の自粛や学校の休校が続いており、その間、テレワークや遠隔授業のシステムを利用して今の事態に対処する動きも活発に見られます。こういった「リモー ○○」へのニーズは今後も一層高まると予想され、Google はこれを機に Hangouts Meet から Hangouts のブランドを外し、単独のプロダクトへと昇格させることで「リモート ○○」での利用を見据えたビデオ会議サービスの拡充に取り組むつもりではないかと思います。まあ、もともと計画されていたことだとは思いますが・・・。

ちなみに、現在 Google は 2020 年 6 月末まで、全ての G-Suite ユーザーに対して G-Suite for Enterprise だけに提供している Hangouts Meet の機能を無償提供しています。試すなら今がちょうど良い機会です。

Source : Google Japan BlogGoogle ヘルプAndroid Police

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5