Android 11で電源メニューが一新、Android TVのON/OFFも可能に

投稿日時 7月 21st, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



Android の次世代バージョン「Android 11」ではスマートフォンの電源ボタンを長押しした時の表示内容が一新して、従来よりもボタンがタップしやすくなったり、スマートホームデバイスを直接操作できるようになったりと、Android 10 から格段に機能性が向上しました。その中でも個人的には Android TV の電源(厳密にはスリープモード)を ON / OFF できるようになった点を高く評価しています。

Android 11 の電源メニューは次の図のように変わり、緊急情報や再起動、シャットダウンのボタンは大きく表示され、その下には Google Home アプリでセットアップ済みのスマートホームデバイスの操作ボタンが表示されます。



私が注目しているのはスマートホームデバイスのボタンに Android TV の ON / OFF ボタンが表示されている点です。ボタンをタップするとスリープ中の Android TV の画面が点灯し、一方、テレビが起動中の場合はスリープモードに切り替えられます。



AQUOS や BRAVIA のようなテレビ一体型の Android TV なら付属リモコンでスリープを ON / OFF できますが、SHIELD などの純粋な Android TV の場合は付属のリモコンに電源ボタンを持たない機種が多いので、Android TV をスリープモードに切り替える習慣が無い方も多いと思います。Android 11 を搭載したスマートフォンなら Android TV をすぐに使用可能な状態にできますし、省エネ効果も向上して経済的です。

この操作は Google Home アプリ上では出来ず、たぶん気づきづらいと思い、今回特出して紹介しました。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5