Samsung、SoCをSnapdragon 865 Plusに改装した「Galaxy Z Flip 5G」を発表

投稿日時 7月 25th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



Samsung が 5G 通信に対応した折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Z Flip 5G」を発表しました。Galaxy Z Flip 5G は 8 月 7 日より海外で順次発売されます。

Galaxy Z Flip 5G は今春国内でも発売された Galaxy Z Flip の 5G 対応、性能強化モデルで、大きな特徴は SoC を Qualcomm の最新 SoC「Snapdragon 865 Plus」にアップグレードした点です。また、カラバリをミスティックグレーとミスティックブロンズに変更し、展開したディスプレイを保持できる角度が 75 ~ 115 度に拡大して若干使い勝手が良くなった点も Galaxy Z Flip との違いとなります。

SoC の改装によって 5G 通信に対応できただけでなく、4G LTE についても Cat 20 に対応が引き上げられました。そして、既存の Snapdragon 865 を搭載した機種よりもあらゆる部分の性能が向上しています。

Snapdragon 865 Plus は今年後半に発売予定のプレミアムスマートフォンをターゲットとした Snapdragon 800 シリーズの新しい最上位モデルで、既存の Snapdragon 865 と比較して CPU の Prime コアの最大クロック周波数が 10% 引き上げられ(最大 3.1GHz 駆動)、Adreno 650 GPU についても 10% 性能が向上しています。また、AI コアを第 5 世代にアップグレード、Wi-Fi は最大 3.6Gbps のスループットをサポート、Snapdragon Elite Gaming エクスペリエンスの機能を拡張するなどボード全体にわたって改良されています。

SoC 以外の基本部分は Galaxy Z Flip と共通している点が多いので、ソフトウェアや機能面は Galaxy Z Flip の記事をご覧ください。



Galaxy Z Flip 5G のディスプレイは 21.9:9 アスペクト比の 6.7 インチ AMOLED、解像度は 2,636 x 1,080 ピクセルです。また、背面に 1.1 インチのサブ画面を搭載しています。

メモリ構成は 8GB RAM + 256GB ROM。背面に広角と超広角の 1,200 万画素デュアルカメラ、前面に 1,000 万画素カメラを搭載。

バッテリー容量は 3,300mAh で、QC 2.0 準拠の急速充電機能、さらに、Qi 準拠のワイヤレス充電とワイヤレスパワーシェアをサポート。eSIM と Nano SIM のデュアル SIMlWi-Fi a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi6)、Bluetooth 5、NFC などに対応しています。

筐体サイズは Galaxy Z Flip と同じで、閉じた状態は 87.4 x 73.6 x 17.3mm、開いた状態は 167.3 x 73.6 x 7.2mm。重さは 183g となっています。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5