Qualcomm、5分でスマホのバッテリーを50%充電できる「Quick Charge 5」を発表

投稿日時 7月 28th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Qualcomm がスマートフォン向けとしては世界初の商用 100W 充電ソリューションとなる Quick Charge の新規格「Quick Charge 5」を発表しました。

Quick Charge は主に Android デバイス向けの高速充電ソリューションで、Snapdragon プロセッサを搭載した多くの Android デバイスが対応しており、その第 5 世代の規格となる Quick Charge 5 は前作(Quick Charge 4)から 4 倍の速度で充電できるとされています。
4 倍高速に充電できるとされています。

その性能とは具体的に、一般的なバッテリー容量のスマートフォンならたった 5 分間で 0~50% まで充電できる、これが Qualcomm による QC 5 の売り文句です。第 4 世代の一部である Quick Charge 4+ が 15 分間の充電で 0~50% 充電可能とされているので、QC 4+ と比べても相当速くなっています。

QC 5 では 20V の供給電圧や 2 セルバッテリーの充電、有線・無線のデュアル充電をサポートしたことで充電性能が飛躍的に向上した一方、Qualcomm バッテリーセーバーや新しい Qualcomm Smart Identification of Adapter Capabilities テクノロジ、12 項目の電圧 / 電流 / 温度保護機の導入などによって充電時の電力効率が最大 70% 向上しておえり、前作より最大 10 ℃ 低い温度で動作するとされています。これは特にゲーム、VR / AR コンテンツ、ライブストリーミング中の端末の温度上昇を抑えられ、それはバッテリー劣化の抑制にも貢献します。

QC 5 は USB-PD と USB Type-C をサポートしており、下位互換性も保証しています。そして Snapdragon 865 / 865 Plus とそれ以降の SoC でサポートされる見込みで、2020 年 Q3 中に導入デバイスが発売される予定となっています。

Source : Qualcomm

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5