Android 11で「周辺ユーザーとの共有(旧Nearby機能)」が使いやすく改良

投稿日時 8月 8th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



Android には Bluetooth と位置情報を使って近くの Android デバイスと簡単に情報を共有できる機能が備わっているのですが、これが Android の次世代バージョン「Android 11」で改良され、非常に使い勝手が良くなりました。

Android 6.0 で導入された「Nearby」というデバイス接続機能が Android 11 では「周辺ユーザーとの共有」に改名され、さらにクイック設定パネルから接続操作も行えるようになったのです。



これを使用すると、デバイスからデバイスへ画像、動画、ドキュメント等のファイル、リンクをダイレクトに転送できるようになるので、例えば、自分が所有している別の Android にファイルやリンクを転送したり、友達との集まりで撮影した写真をその場で転送したい時に特別なアプリをインストールすることなく、簡単にこれらの操作を行えます。



機能の使い方は Nearby 時代と基本的に同じですが、Android 11 になってクイック設定パネルのタイルをタップするだけでスキャンとデバイス接続が行え、アプリの共有リンクには専用の「周辺ユーザーとの共有」ボタンでコンテンツを転送することができ、利便性が向上しています。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5