Xiaomi、1万円台のクアッドカメラスマホ「Redmi 9」を発売

投稿日時 8月 14th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Xiaomi が同社を代表する格安スマートフォン「Redmi」シリーズの新モデル「Redmi 9(Redmi 9 Prime)」を海外で発売しました。

Redmi 9 は、そのグローバルモデルが $135 前後(約 14,000 円)とかなり安いスマートフォンです。それでも、オクタコアプロセッサやクアッドリアカメラ、指紋リーダー、5,20mAh の大容量バッテリーを搭載しているので、現代においても必要最低限の性能と機能を提供するコスパの良い製品だと思います。

ディスプレイは 6.53 インチ FHD+(2,440 x 1,080、19.5:9)の液晶です。従来の Redmi シリーズでは稀な全モデル FHD+ ディスプレイを採用していますし、液晶なのでコントラストや色彩はそれほど良くないと思いますが、屋外で見やすいサンライトモードをサポートしているなどそこそこ実用的です。

プロセッサは MediaTek の 12nm オクタコア SoC「Helio G80」を採用しており、メモリ・ストレージ構成は 3GB RAM(LPDDR4x) + 32GB ROM(eMMC 5.1) と 4GB RAM + 64GB ROM となっています。

カメラは背面に 1,300 万画素(広角) + 800 万画素(超広角) + 500 万画素(マクロ) + 200 万画素(Depth センサー)という構成で、フロントカメラは 800 万画素です。

ファームウェアは Android 10 ベースの MIUI 11 で、背面に指紋リーダー、側面には 3.5mm オーディオジャックと IR ブラスタを搭載。USB Type-C コネクタでは最大 18W の急速充電が可能で、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 5、NFC、デュアル SIM(4G + 4G 等)をサポートしています。

筐体サイズは 163.32 x 77.01 x 9.1mm、質量は 198g となっており、定番のグレーカラーの他に、爽やかなグリーンカラー、エレガントなパープルもラインアップしています。

Source : Xiaomi

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5