「DJI OM 4」登場、マグネットで簡単着脱できるDJIの新型スマホスタビライザー

投稿日時 8月 27th, 2020 by juggly 投稿カテゴリ » 周辺機器・アクセサリー
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



DJI がスマートフォンを使った動画撮影を滑らかにするスマートフォン用スタビライザー「OSMO Mobile」の最新モデル「DJI OM 4」を発表しました。価格は 16,500 円となっています。

DJI OM 4 は Bluetooth 5 でスマートフォンと接続する 3 軸ジンバル式の電動スタビライザーです。従来通りなら OSMO Mobile 4 という名称になったと思いますが、OM 4 と略したネーミングです。

そうなった理由は分かりませんが、おそらくそれは DJI OM 4 でスマートフォンをマグネットで固定するクイックリリース方式を採用するなど基本設計が一新したからだと推測しています。

DJI OM 4 にはパッケージに「磁気スマートフォンクランプ」と「磁気リングホルダー」が同梱するようになっており、どちらかをスマートフォンに取り付けた後、マグネットでジンバルに取り付けることで撮影を開始できますし、スタンバイモードもスマートフォンを取り外すだけとかなり手軽に操作できるようになっています。

▲ 左:磁気クランプ、右:磁気リング



従来の固定ホルダー式だとスマートフォンのボタン配置によってはホルダーのアームがボタンに被って誤操作が発生することもあります。DJI OM 4 の磁気リングホルダーはスマホリングのようなものなので、側面の構造に左右されず中央でスマートフォンを保持できます。

DJI OM 4 では、DJI Mimo アプリがカメラ機能を提供しており、アプリを通じてアクティブトラック 3.0、ストーリーモード、ダイナミックズーム、分身パノラマ、ジェスチャー操作、タイムラプス、モーションラプス、ハイパーラプスなどの様々な撮影機能を利用します。

些細な事かもしれませんが、DJI OM 4 では高い電圧を出せる乾電池として知られる 18650 型のリチウムイオン電池を採用しており、7.2V というモバイルデバイスとしては非常に高い電圧で駆動しますので、モーターは強力になっていると思います。バッテリー容量も 2,450mAh と大きく、連続 15 時間駆動が可能とされており、ジンバルの充電には USB Type-C コネクタを使用し、スマートフォンの充電用に USB-A コネクタも装備しています。

ジンバルの重さは 390g、磁気スマートフォンクランプの重さは 32.6g、磁気リングホルダーの重さは 11.4g です。全体でも重さはおよそ 400g です。

Source : DJI

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5