DJIが高性能FPVドローン「DJI FPV」を発表

投稿日時 3月 3rd, 2021 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



ドローン大手の DJI は 3 月 2 日、没入感溢れるドローンフライトを楽しめる新しいタイプの FPV ドローン「DJI FPV」を発表しました。

DJI FPV は DJI ゴーグルと腕の動きに応じて姿勢制御を行う DJI モーションコントローラーを使用することでハイレベルな FPV フライトを楽しめる FPV ドローンです。DJI FPV の価格は DJI ゴーグル v2 と DJI モーションコントローラー 1 セットが付属して 154,00 円。意外と安いですね。



従来の FPV ドローンやレーシングドローンとは異なり、DJI FPV は優れた飛行の運動性能を発揮しながらも、操縦可能距離は日本モデルで 6km とかなり広く、最大 4K@60fps(120Mbps)の高画質で FPV 映像を記録でき、バッテリーの飛行時間は最大 20 分と長めなのです。

また、GNSS(GPS・GLONASS・GALILEO) + 前方・下方のビジョンセンサーを装備しているので、飛行が安定した中で FPV フライトを楽しめますし、低速モードの N モード時は前方のビジョンセンサーで障害物を検知した際には緊急ブレーキを作動させ自動でホバリングします。

DJI FPV は FPV ドローンということで、その最高速度はなんと 140km/h。また、静止時からわずか 2 秒で 100km/h に到達するという、2 ストオフロードバイク顔負けの加速性能を発揮します。ドローンの用途を考慮すれば、機体の破損や故障のリスクは他のモデルと比較して高いと思いますが、もちろん DJI FPV では DJI Care Refresh の拡張保証サービスに加入できるので、少ない追加費用を支払うだけで万が一の全損時も安心です。

機体は飛行性能を優先して設計されているので、他のモデルと機体デザインが異なります。アームは折りたたみ式でもありません。機体サイズは 255 × 312 × 127mm、795g と一般的な FPV ドローン / レーシングドローンよりも大きいので、飛行中も視認性が良く風への抵抗力も高いです。

カメラは 1/2.3 型 1,200 万画素 CMOS を採用。FOV 150 度(14.56mm)の広角レンズを装備しており広範囲を映すことができます。ジンバルは装備していますが 1 軸(チルト軸)のみの制御です。ロール軸の制御は EIS で行います。

DJI FPV には Ocu v3 をサポートした送信機が付属し、DJI Fly アプリで操縦を行います。モノ自体は決して初心者向けのエントリーモデルではありませんが、既存モデルと同じように操縦することもできるので、上級者・熟練者だけではなく幅広いユーザー層に対応すると思います。

Source : DJI ストア

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found