ビットワレット、Android用Edyアプリにオートチャージ機能を4月18日15時より提供開始

投稿日時 4月 12th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

電子マネー「Edy」を運営するビットワレットは4月12日、おサイフケータイに対応したAndroidスマートフォン向けに提供中の「Edy」アプリにおいて、オンラインで自動的にチャージする「Edyオートチャージ」サービスを4月18日(月)15時より提供開始すると発表しました。

Edyオートチャージは1時間に1回Edyの残高を確認し、あらかじめユーザが設定した金額を下回っていた場合、自動的にチャージされるというサービスで、利用するにはクレジットカードの情報と下限値やチャージ金額、1日のチャージ額といったオートチャージに関する設定をしておく必要があります。1日のオートチャージ可能な金額の合計は1,000円~50,000円です。オートチャージの設定や利用解除をAndroidアプリのほか、PCから専用WEBページからでも可能となっています。

サービスは4月18日15時より開始されますが、ビットワレットによると、同日、このサービスに対応したEdyアプリがAndroidマーケットに公開されるとのことで、アプリをアップデートすることで利用できるようになるようです。

また、同日より「Edyの受取り(Edyギフト)」と「Edyお預け機能」もアプリで利用できるようになるそうです。

Source : ビットワレット

更新1:開始日を修正。正しくは4月18日(月)15時からです。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5