NTTドコモ、ドライバー向け情報提供サービス「ドコモドライブネット」のスマートフォン向けサービスを4月21日より提供開始、パイオニアは専用クレードルを発売

投稿日時 4月 14th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



NTTドコモとパイオニアは4月14日、ドライバー向け情報提供サービス「ドコモ ドライブネット」のスマートフォン向けサービスを4月21日(木)より提供すると発表しました。

サービスの提供に合わせて無料の専用アプリ「ドコモ ドライブネット powered by カロッツェリア」が公開されます。

アプリは無料でダウンロードでき、ドライブ専用地図や自車位置の表示、周辺施設検索など無料で使用できますが、NTTドコモが提供する「ドコモドライブネット」(月額315円)を契約すると、

  • 駐車場満空情報やガソリンスタンド価格情報、グルメ情報、テレビ紹介スポット情報
  • 道の広さや走行距離、有料道路の使用など指定に合ったルートを探索し、案内するカーナビゲーション機能
  • 迷いやすい交差点や走行レーン、高速道路の分岐や出入り口を分かりやすく表示するイラスト表示案内
  • 車が案内ルートを外れた場合に、ドライブ状況を判断してルートを引き直すインテリジェントリルート機能
など、有料会員向け機能を利用できるようになります。なお、NTTドコモは2011年4月21日(木曜)~6月30日(木曜)に有料サービスの契約を行うと、3ヶ月間無料で使えるキャンペーンを実施する予定です。

また、パイオニアが同日、「カロッツェリア スマートフォンリンク ナビクレイドル(SPX-SC01)」を発売します。価格は15,750円。カー用品店やオンラインストアなどで販売されます。

このクレードルには各種センサー(車載用GPSや加速度センサー、ジャイロセンサー)とスピーカー・マイクを内蔵しています。ドコモドライブネットアプリと合わせて利用することで、GPS電波の届きにくいところでも自車位置を表示できたり、内蔵スピーカーで音声案内や音楽を再生、マイクもあるのでハンズフリーな通話もできます。ルート案内時には、交差点の約30m手前で音声案内することや、スマートループ渋滞情報を使った渋滞考慮ルートを探索してくれる機能などを利用できます。スマートフォン本体とはBluetoothで通信します。クレードル付属のケーブルをUSB端子に接続すれば本体バッテリーの充電することができます。

4月14日時点での対応機種は、Xperia SO-01B、MEDIAS N-04C、Xperia arc SO-01Cです。順次対応を拡大。

Source : NTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5