Qualcomm Snapdragonのロードマップがリーク

投稿日時 4月 28th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Qualcommのモバイル向けプロセッサ「Snapdragon」のロードマップを掲載した内部資料がリークされました。

ロードマップには、Qualcommが2月に発表した”Krait”アーキテクチャを採用する次世代Snapdragonの機能や特徴が掲載されています。その他、既存のMSM8x55、MSM8x60で他社のSoCと性能を比較した資料も合わせて公開されていました。

28nmプロセス技術で製造される”Krait”アーキテクチャでは、コアあたり最大2.5GHz駆動(ARM Cortex A15と同じ)、既存のSnapdragonと比べ最大5倍のパフォーマンス、最大75%の消費電力削減。GPUはクアッドコアのAdrenoを採用し、Adreno 220と比べ最大4倍のパフォーマンス、コンソール品質のゲーム性能を持つそうです。

機能としては、ステレオ3Dの撮影/再生、7.1chのドルビーサラウンド、2,000万画素のカメラをサポート。APQ以外にはマルチモードの3G/LTEモデムが含まれるそうです。

次世代Snapdraognには、シングルコアMSM8930、デュアルコアMSM8960、クアッドコアAPQ804(タブレット向け)がラインアップされています。ロードマップに以前紹介した「MSM8270」も掲載されていますね。MSM8270は、MSM8960と同じくデュアルコアプロセッサーで、LTEをサポートしていない代わりに、DC-HSPA+をサポートしています。MSM8270も”Krait”アーキテクチャを採用したプロセッサーのようです。

ロードマップによると、それぞれ2011年末から(サンプル??)出荷される予定となっています。MWCでの発表によると、MSM8690(デュアルコア)は2011年Q2より、MSM8930(シングルコア)とAPQ8064(クアッドコア)は2012年早々よりメーカーに対してサンプル出荷予定となっており、サンプル出荷を意味するのでああればMSM8960については遅れていることになります。この件について、QualcommはMSM8960のサンプル出荷を予定通りQ2中に開始するとEngadgetに話したそうです。













Source : MobileTechWorldEngadget

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5