Xperiaの発売目前、Xperiaを気持ちよく購入またはキャンセルするための情報

投稿日時 3月 31st, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,

いよいよXperiaの発売まで今日一晩寝るだけと言う時間にまで迫ってきました。明日Xperiaを買いに行く人も、やっぱりキャンセルする人にも、これからどのAndroid端末にしようか考える方にも参考になるかどうかはかなり微妙ですが、この夏にHT-03Aを購入して毎日バシバシ使っている私の意見とかをここに記しておきたいと思います。

基本的にどちらかに偏った意見ばかりだと思いますが、どれもマジでそう思っていることだと思いますので反論したい方もたくさん出てくると思います。まあ、稚拙な文章ですが一つの読み物的な感覚でXperia、Desireが気になる方は見て置いてください。

マルチタッチについて

今、Xperiaは、ハードウェア的にマルチタッチに対応しておらず、Android2.xにアップデートしてもピンチズームなどのマルチタッチ操作ができないのではないかと、Twitterなどでは悲鳴もしくは落胆めいたつぶやきが多く見られます。

もし、そうだとしても、個人的にはマルチタッチが無くても対して困ることは無いと思っています。当然、あったらあったで便利なだけです。生きるか、死ぬかの議論ではなく、コタツで冬を過ごすか、コタツ&エアコンで冬を過ごすかだけの違いです。

また、マルチタッチが使えるシチュエーションのことを考えると、

  • ブラウザでのWEB閲覧
  • Google Mapsの拡大・縮小操作
  • 一部のマルチタッチ対応ゲームに未対応
  • 写真、動画の拡大・縮小操作
くらいなものです。

たいていの場合、ダブルタップ(二回すばやくタップする)することで拡大・縮小できますし、WEB閲覧だってダブルタップすればブラウザに丁度良くフィットする倍率になっちゃいます。その表示を微調整するときにピンチズームがあれば便利なのですが、無くても画面上に「+」、「-」ボタンが表示され、それをタップして微調整することができるので、マルチタッチでできないことも実はできちゃうわけなんですよね。

だから、マルチタッチに最悪ハードウェア的に対応せず、今後Xperiaでマルチタッチと言う言葉がタブーとなってしまっても大した問題じゃないって事です。

くどいですが、Nexus One、Desireではマルチタッチに対応して、スイスイ滑らかにピンチズームできます。

Android2.1について

これもマルチタッチの件と同じくらい注目されていることですが、「Android2.1に早くアップデートしろ、そうじゃなかったらDesireにする」と言ったつぶやきもいくつか見られます。

もともとXperiaはAndroid2.x以上にアップデートすると断言されて登場してきたもので、Xperiaのスペック的にもAndroid2.1は十分動作するものなので、遅かれ早かれバージョンアップはするでしょう。

なので、あせる必要は全くないと思います。ただ、Android2.1になっても皆さんが思っているほど「スゲー変化」は感じられないと思います。基本操作は明日発売されるXperiaとさほど変わらなく、
  • マルチアカウント、Exchangeアカウント対応
  • ライブ壁紙対応(大したことじゃない、ただのニュルニュル動く壁紙なだけ)
  • 多数の解像度に対応(Xperiaには関係ない)
  • カメラの起動がスムーズとなり、フラッシュ・デジタルズーム対応(それほど問題じゃない)
  • Bluetooth2.1サポート
  • 連絡帳の変更
  • マルチタッチへの対応
  • ハードウェア性能の向上
  • カーネル2.6.29
  • ・・・その他細々と。
詳しくは、http://developer.android.com/sdk/android-2.1.html をご参照ください。

と言った感じです。ハードウェア性能の向上とマルチタッチ、マルチアカウント対応以外は大した話では無いと思いませんか?

しかも、マルチタッチは先ほどお話したとおりで、大した問題ではありません。

ハードウェア性能の向上についても多少インパクトがデカいと思われがちですが、端末の性能は基本的にハードウェアスペック(CPU、メモリ)に依存するものなので、Xperia、DesireとRAMの容量は違いますが基本的には同じようなハードウェアスペックなので、Android1.6だろうが、Android2.1だろうが大した違いは無いはずです。なのでそれほど問題ではありません。

マルチアカウント対応と言うのは、一つの端末で複数のGoogleアカウントまたはFacebookアカウントから情報を引き出せるのですが、基本的には一つのGmailアカウントを使って利用する方が大多数であるため、対応していないAndroid1.6だからと言って恐らく複数のアカウントを使って運用する方はほとんどいらっしゃらないでしょうから大した問題ではありません。

個人的には「あんでAndroid2.1じゃ無いからといってそんなに騒いでいるの?」っていう感じでいつもTwitterのつぶやきを眺めています。

問題は物理キーの位置が変、「検索キー」未搭載、クレードルに対応できない作りだということ

Twitterやブログの記事などでは取上げられることが少ないこの件ですが、ボタン一発で検索窓を開くことができ、長押しすると音声検索が起動される「検索キー」が無いことが個人的には不便に思えて仕方ありません。

YouTube、Googleマップなどいろんなアプリでは、「検索キー」を押せばすぐに検索窓が表示され、すぐにいろんな情報を検索することができます。これが無いことはGoogleケータイとしては・・・と思ってしまいます。

また、「戻る」、「ホーム」、「メニュー」と言った物理キーは、端末最下部についていますが、なぜあんな位置に物理キーを持ってきたのか、非常に使いにくいんではないかと体感していますし、そう思っています。

最後に、「クレードル」、「卓上ホルダ」に対応しない作りだということが挙げられます。

Xperiaには、端末上部にUSBコネクタが着いてて、そこにUSBを挿すことで充電、PCへUSBメモリとしてマウントしたりすることができます。

HT-03A、Nexus One、Desireなどは、Xperiaとは逆の位置にそれが付いているため、自然とクレードル、卓上ホルダに乗せても問題ない作りになっています。

Nexus Oneには、USBコネクタを挿さなくても充電できるように、USBの口の横に充電用の端子が搭載されているため、クレードル、卓上ホルダに乗っけるだけですぐに充電することができます。

充電以外にも、端末を置いておくためにクレードル、卓上ホルダなどは活躍するのに、なぜXperiaではあんなとんでもない位置にUSBの口があるのかが理解できずにいます。

もしかして、Xperiaを逆さまにして卓上ホルダに乗っけようと言うのでしょうか??そんなことおかしくて仕方ありません。

システムアップデートについて

この件は、「Xperiaのアップデートサービスについて」でお話しましたのでご覧ください。

とにかく、OSのアップデートが行われる間にはほぼ確実にdocomoからアナウンスがされるだろう、それ以外のところからは無いはずだということです。

iPhoneとの比較するならiPhoneを買え

なぜ、XperiaをiPhoneと比べるのでしょうか・・・。そりゃ~、スマートフォンと言う広義な意味での戦いならHT-03A、Nexus One、iPhoneユーザの私から言わせればiPhoneの圧勝です。

アプリの数、操作性、デザイン、周辺機器・アクセサリーの充実度、利用者数と言った実際の利用を見てみると、iPhoneの圧勝は間違いはずです。

iPhoneとXperiaを比較してどちらが良いか・・・と言う議論で購入を悩まれる方は、iPhoneにしておいた方が公開しないでしょう。そういう方は、上記のスマートフォンと言う広い意味での比較に注目しているからでしょう。

その広い意味での比較では間違いなくiPhoneの圧勝です。だからiPhoneにしておいた方が良いというのです。

個人的には、Xperiaが戦う相手はNexus One、Desire、Acer Liquid A1、Motorola MilestoneなどのAndroidスマートフォンです。まずはそこでトップに立ってからiPhoneと比べるべきなのです。

そのAndroidスマートフォンの中では、通信キャリアのことを無視すればNexus Oneの圧勝です。ハードウェアスペック的には今後ソフトバンクから発売されるHTC Desireがさらに圧勝です。

Xperiaも、Androidとしてこの世に生まれてきた以上は、他のAndroidスマートフォンと同じようにハードウェアスペックで勝負するべきです。

動画を見る機会はかなり多い

Twitterのつぶやきの中で「YouTubeで動画を見る頻度は皆無に等しい」とかつぶやいておられる方を目にしました。

それは人による話だと思うのですが、個人的には寝る前、布団の中で毎日YouTube動画を見ています。金曜になれば「アメトーーク」がアップロードされるので、その日は必ず見ています。

このアメトーークが、翌週月曜になるとテレビ朝日に削除依頼されて消されてしまうので、金・土・日には見てしまわないといけません。

と言うのは話が飛びすぎですが、とにかく、Xperiaを手にした日からYouTubeなどの動画を見る事は格段に多くなる方がほとんどだと思います。

結局、何が言いたい?

結局のところ、Xperiaに失望しすぎだと言うことを言いたいのです。多少気の利かない子ですが、それなりに社会に適用でき、それなりに評価される子なんだと言いたいのです。

と言っても、それは私の経験による一つの意見でしかないので、全ての方が納得する話では無いことは重々承知しています。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

One Response to “Xperiaの発売目前、Xperiaを気持ちよく購入またはキャンセルするための情報”

  1. 通りすがり より:

    タイトルから「購入または」をはずされたほうが良いと思います。