NTTドコモ、「REGZA Phone T-01C」のAndroid 2.2(Froyo)へのバージョンアップを5月18日に実施

投稿日時 5月 17th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

NTTドコモは5月17日、「REGZA Phone T-01C」のAndroid 2.2(Froyo)へのバージョンアップを、明日5月18日より実施することを発表しました。

今回はOSのバージョンアップも含むため、アップデート実施による変更点はAndroid 2.2(Froyo)としての機能と、T-01C独自機能の機能があります。

  • Adobe Flash Player 10.1以降への対応。
  • アプリのマイクロSDへの移動(対応するアプリに限る)
  • アプリの自動更新、一括更新に対応。
  • 文字入力時における「音声入力」機能搭載
  • JIT Compilerによるアプリ実行速度の向上
  • ブラウザにおけるJavascpript実行性能の向上
  • Android 2.2以降に対応する一部のGoogle純正アプリの利用。
  • Cloud to Device Messeging API(C2DM)への対応(Chrome to Phoneの利用とか)
T-01C独自機能
  • NX!Contacts(電話帳)機能追加
    • グループ機能・連絡先Bluetooth®送信機能(1件送信)
  • ワンセグへ録画予約機能を追加
  • 取扱説明書アプリの追加
  • スリープ中のWi-Fi設定メニューの追加
  • 静止画撮影サイズに1920×1080(HD1080)を追加
  • ATOK最新バージョン対応
ベースバンドバージョンが「5011.1906.50」以降でない場合、OSバージョンアップができないので、現在配信されているソフトウェアアップデートを実施しておく必要があります(「設定」→「端末情報」で確認)。

バージョンアップの実施方法は、端末単体で行う方法(Wi-Fi環境必須)と、インターネットにアクセスできるPC(IE8以上を動作保証)を使った方法が用意されています。いずれも1.5GB以上空き容量のあるマイクロSDカードが必要。
  1. 端末単体による方法:T-01Cのブラウザで富士通のWEBサイトからアップデート用アプリを端末にダウンロードして実施。
  2. PCを使った方法:PCブラウザで富士通のWEBサイトからアップデートツールをダウンロード。
注意事項として、端末メモリの容量が50MB以下の場合や、バッテリー残量が50%未満の場合、バージョンアップに失敗することがあるそうです。

Source:  NTTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5