東芝、Android 3.1(Honeycomb)標準搭載のタブレット「REGZA Tablet AT300/24C」を7月下旬に発売

投稿日時 6月 20th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



東芝は6月20日、Android 3.1(Honeycomb)を標準搭載したタブレット「REGZA Tablet AT300/24C」を7月下旬に発売すると発表しました。

今回発表されたタブレットは、東芝が4月20日に発表した「REGZA Tablet AT300/23C」ベースに、OSをAndroid 3.1(Honeycomb)へのバージョンアップした端末。AT300/23Cは特定の企業顧客のみ台数を限定して6月27日に発売し、生産を終了するとしています。一般消費者が手に入れられるのは本日発表のAT300/24Cとなります。

REGZA Tablet AT300/24Cは10.1インチ液晶ディスプレイ、解像度はアスペクト比16:10のWXGA(1,280×800)、NVIDIA Tegra 2デュアルコア1GHz、1GBのRAM、16GBの内蔵ストレージ、背面に500万画素のカメラ、前面に200万画素のカメラ、側面に側面にはミニUSBとフルサイズのUSB、HDMI出力、専用ドック接続用端子、SD/SDHCカードスロット、電源アダプタ、3.5mmオーディオジャック、ステレオスピーカー、回転ロックボタンなどを搭載。

通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR。液晶テレビ”レグザ”やブルーレイレコーダ”レグザブルーレイ”を連携できる「レグザAppsコネクト」のアプリを標準搭載しています。”EasyGrip”と呼ばれるラバー素材でコーティングされたグリップ性の良いバックカバーとバッテリーは交換可能で、バッテリーはオプションとして別売されます。

REGZA Tabletは、海外ではThrive Tabletとして7月中旬に発売される予定。

Android 3.1(Honeycomb)についてはこちら

Source : 東芝

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5