Samsung、解像度WXGA(1,280×768ピクセル)のLTE対応Androidスマートフォン「SHV-E120S」を開発中?

投稿日時 7月 24th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

Samsungが解像度1,280×768ピクセル(WXGA)のディスプレイ、Android 2.3(Gingerbread)を搭載した「SHV-E120S」を開発しているようです。韓国のキャリア SKテレコムのアプリ開発者向けポータル T Store Developer Centerにテスト端末ながらもその情報が登録されていたことから明らかになりました。

WXGAはHoneycombにおける標準解像度なのですが、登録されている情報にOSはAndroid 2.3(Gingerbread)と表示されていることからスマートフォンとして開発されている可能性が高いと思います。WXGAのスマートフォン?・・・最近、HD(1,280×720ピクセル)のディスプレイを搭載するスマートフォンをLGやSamsung、Pantech、Motorola、(シャープ)が開発しているといった噂、Ice Cream Sandwichを搭載する次期NexusスマートフォンにもHDサイズのディスプレイが搭載されるといった噂がでていますが、そのHDサイズより高解像度です。



Samsungは韓国向けの3G端末のモデル名に”SHW”を付けるのですが、最近発売されたLG U+向けLTE対応モバイルルータ「SHV-100L」、さらに発表されていないものの、既に韓国の電波認証を受けているSKテレコム向けLTE対応スマートフォン「SHV-E110S」のようにモデル名に”SHV”と付くことから、今回の「SHV-E120S」も3Gに加えLTEにも対応する端末と予想されます。ちなみに、「SHV-E110S」のOSはAndroid 2.3(Gingerbread)、ディスプレイ解像度は800×480ピクセル(WVGA)と同ポータルサイトに登録されています。

数日前、Samsungが5.3インチのディスプレイを搭載する”Galaxy Q”を今年9月のIFA 2011で公開する予定という噂を紹介しました。Galaxy Qには通常のWCDMAのほか、LTE版も存在も伝えられていたことから、Galaxy Qの解像度がWXGAだとすれば、「SHV-E120S」は”Galaxy Q”LTE版のキャリアモデルの一つなのかもしれません。

Source : SKテレコム(SHV-E120S)、(SHV-E120SSO) Via : MovePlayer

 

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5