ASUS、Eee Pad Sliderの発売を発表

投稿日時 7月 31st, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , ,
コメントは受け付けていません。



ASUSは7月29日、スライドキーボードを搭載したHoneycombタブレット「Eee Pad Slider(SL101)」を発売したと発表しました。発表には地域ごとの販売スケジュール等が示されていませんが、AndroidOS.inが伝えるところによると南アフリカ共和国で発売されたそうです。価格は16GBモデルで5,999ランド(約61,900円)。

Eee Pad Sliderは、ASUSが今年1月のCESで発表したHoneycombタブレット3機種のうちの1つ。同時期にEee Pad Transformerも発表されましたが、それよりも遅れての発売となります。特徴はフルキーボードを搭載しているところ。スライド&チルトする機構でノートPCのようになります。カラーはパールホワイトとメタリックブラウンの2色。出荷時のOSバージョンはAndroid 3.1ですが、Android 3.2へのアップデートをOTA配信する予定であること告知しています。

Eee Pad Sliderの基本スペックはEee Pad Transformerと大体同じ。10.1インチ(解像度1,280×800ピクセル、WXGA)サイズのIPS液晶ディスプレイ、NVIDIA Tegra 2、1GBのRAM、16GB/32GBの内蔵ストレージ、背面に500万画素のCMOSカメラ、前面に200万画素のCMOSカメラ、外部IFとしてマイクロUSB(USBホストサポート)、ミニHDMI、マイクロSDカードスロットを搭載、マイクやステレオスピーカー、3.5mmオーディオジャックも搭載。

通信機能(SL101の場合)はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR。本体サイズは273mm(H)×180mm(W)×17.7mm(D)、重量は886g。

英国では秋に発売されるようです。

Source : ASUSAndroidOS.in

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5